書誌事項

数学をなぜ学ぶのか

四方義啓著

(中公新書, 1697)

中央公論新社, 2003.5

タイトル別名

数学をなぜ学ぶのか

タイトル読み

スウガク オ ナゼ マナブ ノカ

大学図書館所蔵 件 / 294

内容説明・目次

内容説明

数学は冷たくて面白くないという人が多いが、そもそも数学が生まれたときは、人間の感情・感覚が濃い影をおとし、カンや経験が入り混じっていた。それが日々新しい現実の課題に鍛えられ、普遍化への道を歩んできた。著者は数学の源にさかのぼり、安寿と厨子王の「自分探し」を連立方程式とみなしたり、架空の名探偵ニュルトンを登場させ、感覚から加速度を導き出す推理を披露したりと、数学の生きた雰囲気を伝えてくれる。

目次

  • 第1章 生きている数学
  • 第2章 現実を記述する技術としての数学
  • 第3章 二進法の国
  • 第4章 サイン・コサインは三度習う
  • 第5章 幾何学を知らざるものは
  • 第6章 おもしろい幾何学
  • 第7章 ニュートンは何を考えていたのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62114396
  • ISBN
    • 4121016971
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    175p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ