図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」

書誌事項

図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」

宮原勇著

(京大人気講義シリーズ)

丸善, 2004.3

タイトル別名

図説現代哲学で考える表現テキスト解釈

現代哲学で考える「表現テキスト・解釈」 : 図説

タイトル読み

ズセツ ゲンダイ テツガク デ カンガエル ヒョウゲン テキスト カイシャク

大学図書館所蔵 件 / 165

内容説明・目次

内容説明

京大での講義「哲学基礎論」の際に黒板に書かれた解説図をすべて再現。現代哲学の基本的考え方をわかりやすく、しかも水準を落とすことなく「図説」する。今回の“表現・テキスト・解釈”編は、人と人との理解や文学作品の理解、文化の理解といった現代社会で一番重要なテーマを扱っている。例えば、一人一人の「個性」とはなにか、解釈とは「作者の意図を把握すること」といってよいのか、絵画の技法としての「遠近法」のもっている哲学的意味はなにか、さらには「地平の融合」という解釈学の理論の意味は…、こういったテーマに関して読者を深い思索へと誘う。工夫を凝らした解説図を「地図」がわりにした、思索の旅のガイドブック。

目次

  • 表現の特徴
  • 「道具」と「記号」の違い
  • 人文科学の方法としての「理解」と「解釈」
  • 「認識されたものの認識」としての解釈
  • 理解における言語と心理
  • テキスト解釈と個性
  • 考えてみよう:個別性と個性
  • 歴史における「解釈」
  • 理解における循環
  • 理解における「文脈」と「全体」〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66329248
  • ISBN
    • 4621074032
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 151p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ