書誌事項

税の負担はどうなるか

石弘光著

(中公新書, 1739)

中央公論新社, 2004.3

タイトル読み

ゼイ ノ フタン ワ ドウナルカ

大学図書館所蔵 件 / 291

注記

初出および引用文献: p185

内容説明・目次

内容説明

日本の二〇〇三年度予算は、一般会計の歳出に占める税収比率が五一.一%と、世界最低である。近年の欧米主要国では軒並み八〇%以上、イギリスやアメリカでは九〇%を超えている。少子・高齢社会が到来した日本では、景気回復を見守りつつ、財政健全化を図る両睨み政策の中で必要な財源を賄うためには、税負担増は避けられない。国民全体の公益という視点を優先した税意識を普及させ、税制改革を進める時がきている。

目次

  • 第1章 税負担増は不可避か—税を取り巻く環境の変化
  • 第2章 いま何故、税制改革か—「あるべき税制」を求めて
  • 第3章 税・社会保障負担のあり方—負担は皆で「広く」「公平に」
  • 第4章 変わる国民の税意識—「対話集会」を重ねて
  • 第5章 空洞化した所得税—基幹税としてどう修復するか
  • 第6章 高まる消費税への期待—最後の手段か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66356342
  • ISBN
    • 4121017390
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    185p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ