生きつづける光琳 : イメージと言説をはこぶ《乗り物》とその軌跡

書誌事項

生きつづける光琳 : イメージと言説をはこぶ《乗り物》とその軌跡

玉蟲敏子著

(シリーズ近代美術のゆくえ)

吉川弘文館, 2004.7

タイトル別名

生きつづける光琳 : イメージと言説をはこぶ乗り物とその軌跡

Modern

タイトル読み

イキツズケル コウリン : イメージ ト ゲンセツ オ ハコブ ノリモノ ト ソノ キセキ

大学図書館所蔵 件 / 203

注記

参考文献: p223-234

著者の学位審査論文「<琳派>と日本の造形文化」 (東北大学大学院文学研究科, 2004.3) の第一部「<琳派>概念の形成と諸問題 : 尾形光琳の研究史を軸として」を公刊するもの

内容説明・目次

内容説明

きらびやかな屏風絵で知られる尾形光琳は、死後百六十年後の西欧や二百年後の日本で新たに評価され、再生を繰り返した。作品を語る「装飾的」という言葉の由来をもとめ、時空を超えて生きつづける光琳の軌跡を辿る。

目次

  • プロローグ 光琳とは誰?
  • 1 光琳—最初の再生
  • 2 明治期における光琳観の変遷
  • 3 近代によみがえる光琳
  • 4 語り方の変容—評語「装飾的」の検討
  • 5 二十世紀後半の琳派受容
  • エピローグ なぜ、かくも光琳だったのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA67560399
  • ISBN
    • 4642037659
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 238, iip, 図版[4]p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ