心を名づけること : 心理学の社会的構成

書誌事項

心を名づけること : 心理学の社会的構成

カート・ダンジガー著

(シリーズ認知と文化, 1-2)

勁草書房, 2005.2

タイトル別名

Naming the mind : how psychology found its language

タイトル読み

ココロ オ ナズケル コト : シンリガク ノ シャカイテキ コウセイ

大学図書館所蔵 件 / 279

注記

監訳: 河野哲也

参考文献: 下巻末pix-xlv

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784326199372

内容説明

IQテストの「知能」とは何か?「理性」や「知性」とは違うのだろうか。心理学用語の歴史をさかのぼり、その社会的・文化的な意味を明らかにする。

目次

  • 第1章 心を名づけること
  • 第2章 古代の哲学者たち
  • 第3章 大転換
  • 第4章 生理学的背景
  • 第5章 知能を地図に載せる
  • 第6章 行動と学習
巻冊次

下 ISBN 9784326199389

内容説明

心理学のカテゴリーはどのようにつくりだされたのか。心の科学のありようを徹底的に問い直す理論心理学の名著、待望の完訳。

目次

  • 第7章 動機づけとパーソナリティ(動機づけへの関心;動因という概念の登場 ほか)
  • 第8章 態度(幸先のよくない始まり;態度はいかにして「社会的」になったか ほか)
  • 第9章 メタ言語—技術的枠組み(刺激‐反応心理学の重要性;心理学者と「変数」との出会い ほか)
  • 第10章 “心理学的種”の本質(心理学的カテゴリーの歴史的起源;心理学的言語の政治学 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA71288525
  • ISBN
    • 4326199377
    • 4326199385
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ