ローマ史のなかのクリスマス

書誌事項

ローマ史のなかのクリスマス

保坂高殿著

(異教世界とキリスト教, 1)

教文館, 2005.9

タイトル読み

ローマシ ノ ナカ ノ クリスマス

大学図書館所蔵 件 / 136

注記

引用・参考文献: 巻末pxxv-xxxii

索引(事項・引用箇所): 巻末pxxxiii-liii

内容説明・目次

内容説明

クリスマスはもともと異教の祭だった?!クリスマスの日は地域によって異なっていた?!三人の博士の訪問は何を意味しているのか?クリスマス成立にまつわる歴史的事情を史料に基づいて検証する。

目次

  • 第1章 クリスマスの起源問題(問題の所在;クリスマス成立の歴史的経緯;帝国と教会;祝祭の政治学)
  • 第2章 クリスマスとエピファニア—東西相互影響史(エピファニア(公現祭)成立の歴史的経緯;詳論)
  • 終章 ロビガリア祭とリタニア祭—古代世界における祝祭の行く末

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA73719934
  • ISBN
    • 4764265877
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    242, liiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ