書誌事項

首相支配 : 日本政治の変貌

竹中治堅著

(中公新書, 1845)

中央公論新社, 2006.5

タイトル読み

シュショウ シハイ : ニホン セイジ ノ ヘンボウ

大学図書館所蔵 件 / 321

注記

参考文献: p277-280

関連年表: p284-288

内容説明・目次

内容説明

細川連立政権崩壊から一〇年以上が過ぎ、日本政治は再び自民党の長期政権の様相を呈している。しかしその内実は、かつての派閥による「支配」とは全く異なる。目の前にあるのは、一九九〇年代半ばから進んだ選挙制度改革、政治資金規正法強化、行政改革などによって強大な権力を手にした首相による「支配」なのだ。一九九四年以降の改革のプロセスを丹念に追い、浮かび上がった新しい日本の「政治体制」をここに提示する。

目次

  • 序章 新しい政治の幕開け
  • 第1章 自民党の政権復帰と新進党の結成
  • 第2章 橋本内閣と行政改革
  • 第3章 新進党の崩壊と民主党の台頭
  • 第4章 小渕恵三・森喜朗内閣—過渡期の政権
  • 第5章 小泉純一郎と首相権力の確立
  • 第6章 参議院という存在
  • 第7章 郵政民営化と権力の行使
  • 終章 権力の一元化と二〇〇一年体制の成立

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ