院政 : もうひとつの天皇制

書誌事項

院政 : もうひとつの天皇制

美川圭著

(中公新書, 1867)

中央公論新社, 2006.10

タイトル別名

院政

タイトル読み

インセイ : モウ ヒトツ ノ テンノウセイ

大学図書館所蔵 件 / 294

注記

主要参考文献: p265-270

内容説明・目次

内容説明

院政とはすでに譲位した上皇(院)による執政をいう。平安後期には白河・鳥羽・後白河の三上皇が百年余りにわたって専権を振るい、鎌倉初期には後鳥羽上皇が幕府と対峙した。承久の乱の敗北後、朝廷の地位は低下したが、院政自体は、変質しながらも江戸末期まで存続する。退位した天皇が権力を握れたのはなぜか。その権力構造はどのようなものであったか。律令制成立期から南北朝期まで、壮大なスケールで日本政治史を活写する。

目次

  • 第1章 摂関期までの上皇
  • 第2章 院政の開始
  • 第3章 院政の構造
  • 第4章 白河院政から鳥羽院政へ
  • 第5章 保元・平治の乱から後白河院政へ
  • 第6章 後白河院政と武家政権
  • 第7章 後鳥羽院政と承久の乱
  • 第8章 鎌倉後期の院政

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA7886220X
  • ISBN
    • 4121018672
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 270p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ