朝鮮通信使をよみなおす : 「鎖国」史観を越えて

書誌事項

朝鮮通信使をよみなおす : 「鎖国」史観を越えて

仲尾宏著

明石書店, 2006.10

タイトル別名

朝鮮通信使をよみなおす : 鎖国史観を越えて

「鎖国」史観を越えて朝鮮通信使をよみなおす

タイトル読み

チョウセン ツウシンシ オ ヨミナオス : サコク シカン オ コエテ

大学図書館所蔵 件 / 182

注記

朝鮮通信使および中・近世日朝関係史文献目録: p332-356

参考文献一覧: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 第1章 朝鮮通信使をむかえた日本人(通信使にさきだつ時代の交流の中で—無涯亮倪・宗金・足利義持;秀吉政権下の朝鮮通信使—宗義智・豊臣秀吉;探賊使松雲大師惟政と出会った人びと—加藤清正・景轍玄蘇・西笑承兌 ほか)
  • 第2章 朝鮮通信使の再検証(近世初期の対外関係—「朝鮮征伐」史観と「鎖国」史観を越えて;「日本神国」思想と東アジア華夷秩序の中で—中世までの朝鮮観;東アジア善隣外交の枠組み—近世前期の朝鮮観 ほか)
  • 第3章 地域文化と朝鮮通信使(朝鮮通信使とその旅—交流の中の苦難の長旅;朝鮮通信使と唐人踊り—対舞と祭礼行列;藍島の朝鮮通信使—麗しの友好の島 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ