書誌事項

思想の中の数学的構造

山下正男著

(ちくま学芸文庫, [ヤ-15-1])

筑摩書房, 2006.11

タイトル読み

シソウ ノ ナカ ノ スウガクテキ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 123

注記

初版: 現代数学社 1980.9刊

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

レヴィ=ストロースが“発見”した親族の基本構造は、まさに現代数学の「群論」そのものであった。それは20世紀の構造主義が、ヨーロッパの正統の流れを、すなわち古代ギリシアにおける思弁と数学の幸福な結合を、現代に“再発見”したことを意味した。そこから見えてくるものは何か。プラトンのイデア数、ライプニッツの予定調和説、カントの認識論、ヘーゲルの解析学/歴史観、ニーチェやオルテガの遠近法主義、フッサールの現象学、さらに、中国周代の易に見る二進法、孟子における階級と関数概念など、精緻な数学的アプローチと該博な知見から生みだされた、ユニークな比較思想史的論考。

目次

  • 1 構造の学とその応用(かたち、形式、構造;科学思想のキー・ワードとしての外延;人文科学における群論の使用)
  • 2 数学と思想の構造的共通性(数学と哲学における生成の概念;歴史観の数学的モデル;遠近画法と遠近法主義 ほか)
  • 3 数学的構造と社会イメージ(比の思想の社会的背景;比例の思想と階級の思想;関数概念の原初的形態 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ