書誌事項

妖怪と伝説

宮田登著

(宮田登日本を語る / 宮田登著, 13)

吉川弘文館, 2007.2

タイトル読み

ヨウカイ ト デンセツ

大学図書館所蔵 件 / 242

内容説明・目次

内容説明

世間や世相の不安感とともに語り継がれる妖怪。その妖怪に仮託された日本人の心性と社会の実相を探る。また狐火・雪女・河童・鯰男などの伝説や民話をモチーフに、その背景にある社会変動と人々の葛藤を追求する。

目次

  • 1 妖怪と怪異(江戸・東京の妖怪のイメージ—民衆の生んだグロテスク;女と妖怪;妖怪の諸相;妖怪ブーム;家の怪;池袋の女;雪女伝説と日本人の心;モノノケと少女霊の夏;徒然草と民俗学)
  • 2 説話と伝説(民衆意識との関連から見た説話;日本の歴史と神話・伝説;伝説と民俗;再開発以前の集落;親鸞伝説の「杖」;長者の家筋;人間と自然の調和を伝える河童伝説)
  • 3 民話と民俗(近世民衆宗教の説話;民譚における神秘と呪力—力と信仰;民話ブーム;狐火;雷神の申し子;猿の話;民話のなかの防災)
  • 4 世間と世相(民話と世間;現代社会の中の伝統文化;世相の変化;酒飲みの民俗)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ