書誌事項

自省録

マルクス・アウレーリウス [著] ; 神谷美恵子訳

(岩波文庫, 青(33)-610-1)

岩波書店, 2007.2

改版

タイトル別名

Ta eis heauton

自分自身に

Τα εισ εαυτον

マルクス・アウレーリウス自省録

タイトル読み

ジセイロク

大学図書館所蔵 件 / 271

注記

標題紙裏のタイトル: Ta eis heauton

訳者序にある直訳原題: 自分自身に

翻訳校訂本: Leopold (1908), Schenkl (1913), Haines (1916), Trannoy (1925)

「50年を経て版を改めるにあたり, 注を刷新すると共に, 若干の修正を施した」(補訂付記 / 兼利琢也)とあり

内容説明・目次

内容説明

生きているうちに善き人たれ—ローマの哲人皇帝マルクス・アウレーリウス(一二一‐一八〇)。重責の生のさなか、透徹した内省が紡ぎ出した言葉は、古来数知れぬ人々の心の糧となってきた。神谷美恵子の清冽な訳文に、新たな注を付す。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80697525
  • ISBN
    • 9784003361016
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    grc
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    327p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ