書誌事項

精神分析の抵抗 : フロイト、ラカン、フーコー

ジャック・デリダ著 ; 鵜飼哲, 守中高明, 石田英敬訳

青土社, 2007.6

タイトル別名

Résistances : de la psychanalyse

精神分析の抵抗 : フロイトラカンフーコー

タイトル読み

セイシン ブンセキ ノ テイコウ : フロイト ラカン フーコー

大学図書館所蔵 件 / 193

内容説明・目次

内容説明

現代を代表する哲学者デリダが、ラカン、フーコーとの過去の対決をふまえ、ライバルたちの天才と弱点を明確化するとともに、精神分析に対する最大の批判者=理解者として、この理論/実践の「自己への抵抗」の可能性を現在へと押し開く。

目次

  • 抵抗(解決=溶解の味覚(への嗜好);機織りのもう一つの秘密)
  • ラカンの愛に叶わんとして(条件法前未来;第一のプロトコル—交差配列;第二のプロトコル—事後性の前未来;第三のプロトコル—さまざまな縁のキアスム的膣状陥入)
  • 「フロイトに公正であること」—精神分析の時代における狂気の歴史(蝶番—今日;悪しき霊—交錯法について;精神分析のもう一つの秘密—「権威の神秘的基礎」;「天才の業」—倦むことなき「FORT‐DA」;諸問題)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ