書誌事項

人類学的思考の歴史

竹沢尚一郎著

世界思想社, 2007.6

タイトル別名

History of anthropological thought

タイトル読み

ジンルイガクテキ シコウ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 232

注記

写真出典一覧: p338

文献リスト: p339-370

内容説明・目次

内容説明

イギリス、フランス、アメリカの主要な人類学者は、どのような人生を送り、どのような学問をつくったか。人間の活動を総体として理解しようとする人類学的思考—その流れを大づかみにたどる、ヴィヴィッドな学説史。

目次

  • 第1章 進化論人類学—近代人類学の出発点
  • 第2章 機能主義人類学の成立—フィールドワークと理論化
  • 第3章 機能主義人類学の展開—妖術信仰の理論と実践
  • 第4章 構造主義人類学の先駆—フランス社会学派の貢献
  • 第5章 構造主義とその超克—レヴィ=ストロースとブルデュー
  • 第6章 象徴人類学の成果—社会と宗教を貫く論理
  • 第7章 文化人類学の誕生—「文化」概念と文化人類学の成型
  • 第8章 文化相対主義と解釈人類学—ギアツから実験民族誌へ
  • 第9章 文化批判と人類学—オリエンタリズム批判以降の人類学
  • 第10章 世界システム論と人類学—ふたたび民族誌へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ