書誌事項

教育と格差社会

佐々木賢著

青土社, 2007.8

タイトル読み

キョウイク ト カクサ シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 232

内容説明・目次

内容説明

学力向上を謳い、校内暴力、いじめ、怠学、不登校等の学校病理を生徒のこころの問題にすり替えて、建前を語る教育再生構想は欺瞞だ。直視すべきは、教育問題とは即ち、社会矛盾を鋭く反映する労働問題そのものだということ。知識・学歴が仕事に役立たなくなった格差社会出現のメカニズムの数々を、教育現場の疲弊に見る。衝撃の分析レポート。

目次

  • 1 教育ネオ・リベラリズムの正体(教育分業化;カリキュラム商品化 ほか)
  • 2 労働と教育(短期労働;正社員の実態 ほか)
  • 3 教育基本法改正案とファシズム(セグメント;ファシズム略史 ほか)
  • 4 教育「民営化」の意味(ボール講演;教育再考 ほか)
  • 5 教育と心性操作(語義;新奴隷性 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82613945
  • ISBN
    • 9784791763559
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ