書誌事項

分析哲学の誕生 : フレーゲ・ラッセル

日本科学哲学会編 ; 野本和幸責任編集

(科学哲学の展開, 1)

勁草書房, 2008.2

タイトル別名

Origins of analytical philosophy : Frege and Russell

分析哲学の誕生 : フレーゲラッセル

タイトル読み

ブンセキ テツガク ノ タンジョウ : フレーゲ ラッセル

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

引照・参考文献: 章末

日本におけるフレーゲ・ラッセル文献目録: p[277]-325

執筆者: 石本新, 横田榮一, 飯田隆, 土屋俊, 佐藤雅彦, 岡本賢吾, 吉田夏彦, 大出晁, 戸田山和久, 中川大, 松阪陽一, 荒磯敏文, 四津雅英

内容説明・目次

内容説明

日本における分析哲学100年の歴史のなかから、選りすぐりの傑作論文12編を精選。分野の源流をなすフレーゲ・ラッセル哲学の真髄に迫る。

目次

  • 論理思想の革命と日本におけるフレーゲ・ラッセル—論理・言語・数学の哲学
  • A フレーゲ(フレーゲ革命とそのインパクト—「概念文字」百周年を記念して;フレーゲ論理哲学的探究の全体的構成とメタ理論の可能性—“認識論的”位相に留意しつつ;言語と計算—フレーゲの「概念記法」を巡って;『概念記法』の式言語とはどんな言語なのか ほか)
  • B ラッセル(ラッセルの数理哲学と論理学;Principia Mathematicaにおける命題函数1;悪循環原理、分岐タイプ、そして「ラッセルの構成主義」;初期ラッセルにおける「表示」の概念—1903〜1904年の草稿を中心に ほか)
  • C 日本におけるフレーゲ・ラッセル文献目録

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ