黄金郷 (エルドラド) 伝説 : スペインとイギリスの探険帝国主義

書誌事項

黄金郷 (エルドラド) 伝説 : スペインとイギリスの探険帝国主義

山田篤美著

(中公新書, 1964)

中央公論新社, 2008.9

タイトル別名

黄金郷伝説 : スペインとイギリスの探険帝国主義

タイトル読み

エルドラド デンセツ : スペイン ト イギリス ノ タンケン テイコク シュギ

大学図書館所蔵 件 / 279

注記

参考文献: p269-282

内容説明・目次

内容説明

コロンブスの新世界到達を契機として、ヨーロッパ人は南米へと進出した。黄金郷という見果てぬ夢を追い、己の全財産、全人生をかけて、彼らは探険を決行。その黄金にかける情熱は、やがて南米北部におけるスペインとイギリスの覇権争いにつながっていく。緑の秘境として知られるギアナ高地。そこは黄金の争奪戦が繰り広げられ、探険を侵略の道具とする「探険帝国主義」の舞台だった。黄金と領土争奪の五百年のドラマを追う。

目次

  • コロンブスの航海の本質
  • 南米真珠狂騒曲
  • エルドラド伝説の誕生
  • オリノコ川のエルドラドの噂
  • サー・ウォルター・ローリーのギアナの発見
  • デフォーのオリノコ川植民計画
  • 地図作成という侵略
  • 「ギアナ高地」と探険帝国主義
  • ベネズエラ国境紛争とモンロー主義
  • ドイルの『失われた世界』の新解釈
  • パピヨンとエルドラド刑務所
  • 黄金探しは今も続く

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ