ヒップホップはアメリカを変えたか? : もうひとつのカルチュラル・スタディーズ

書誌事項

ヒップホップはアメリカを変えたか? : もうひとつのカルチュラル・スタディーズ

S・クレイグ・ワトキンス著 ; 菊池淳子訳

フィルムアート社, 2008.12

タイトル別名

Hip hop matters : politics, pop culture, and the struggle for the soul of a movement

ヒップホップはアメリカを変えたか : もうひとつのカルチュラルスタディーズ

タイトル読み

ヒップ ホップ ワ アメリカ オ カエタカ? : モウ ヒトツ ノ カルチュラル・スタディーズ

大学図書館所蔵 件 / 163

注記

原著 (Boston : Beacon Press, 2005) の全訳

内容説明・目次

内容説明

ヒップホップは、保守的な文化や既存の体制に抵抗するムーブメントとして、その地位や評判を確立してきた。しかしヒップホップが巨大化するにつれて、闘うべき相手は他でもない“ヒップホップ自身”に変わっていった。爆発的な人気と経済的発展の裏で、ヒップホップの本当の精神、本当の目的とは何か、という問題をめぐり、内部で激しい論争が起こったからである…。ヒップホップの力とその未来を探る。

目次

  • なぜヒップホップは重要なのか?
  • ヒップホップが踏み出した第一歩
  • 第1部 ポップカルチャーにおけるヒップホップの闘い(90年代ポップスをまるごと飲み込むヒップホップ;1998年はヒップホップ飛躍の年;白人がヒップホップを支配する?;インターネット時代のヒップホップ)
  • 第2部 政治運動におけるヒップホップの闘い(大衆を動かせ;若者は声を上げる;「私たちの未来は、いま、ここにある!」;「ヒップホップは私たちを愛してるの?」;アカデミズムの中のヒップホップ)
  • ヒップホップを超えろ!

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ