書誌事項

旅する人びと

関哲行著

(ヨーロッパの中世 / 池上俊一, 河原温編集, 4)

岩波書店, 2009.2

タイトル別名

旅する人びと

タイトル読み

タビスル ヒトビト

大学図書館所蔵 件 / 304

注記

参考文献: p291-300

内容説明・目次

内容説明

交通手段が乏しくても中世の人びとは長い距離を移動した。巡礼の旅、職人の遍歴、学びと説教の旅、宮廷の移動など、宗教・政治・経済・文化の諸事情が人を旅立たせた。そこでは自由意志による移動とともに強制的な移動もあった。閉鎖的で分断されているとみなされてきた中世ヨーロッパ社会接合の契機ともなった移動を考える。

目次

  • 序章 「他所」への憧憬
  • 第1章 移動の動機と条件
  • 第2章 祈りと贖罪の旅
  • 第3章 移動と労働
  • 第4章 学びと説教(伝道)の旅
  • 第5章 外交交渉と儀礼の旅
  • 第6章 女性とマイノリティー
  • 結論 超克される異界

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ