書誌事項

学歴分断社会

吉川徹著

(ちくま新書, 772)

筑摩書房, 2009.3

タイトル読み

ガクレキ ブンダン シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 295

注記

参考文献: p228-229

内容説明・目次

内容説明

日本の大卒層と非大卒層—。全人口におけるその割合は、ほぼ同数となってきた。しかもそれは今後も続く。これが本書の言う、学歴分断社会である。そして大卒/非大卒という分断線こそが、さまざまな格差を生む。学歴分断社会は、どのようにして生じたのか。そこに解決すべき問題はないのか。最新かつ最大規模の社会調査データを活用し、気鋭の社会学者がこれまでタブー視されてきたこの領域に鋭く切り込む。

目次

  • 第1章 変貌する「学歴社会日本」
  • 第2章 格差社会と階級・階層
  • 第3章 階級・階層の「不都合な真実」
  • 第4章 見過ごされてきた伏流水脈
  • 第5章 学歴分断社会の姿
  • 第6章 格差社会論の「一括変換」
  • 第7章 逃れられない学歴格差社会

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89366458
  • ISBN
    • 9784480064790
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    229p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ