書誌事項

河野広中

長井純市著

(人物叢書 / 日本歴史学会編集, [通巻258])

吉川弘文館, 2009.5

  • : 新装版

タイトル読み

コウノ ヒロナカ

大学図書館所蔵 件 / 271

注記

略系図: p260

略年譜: p261-267

参考文献: p268-279

シリーズ番号はジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

明治・大正期の民衆政治家。幕末、東北戦争で板垣退助と出合い、尊王論を奉じる郷士から、維新後は自由民権運動の闘士へと転じる。県令三島通庸と対立し投獄された福島事件で名を馳せ、国会開設後は代議士となる。民党の闘士として活躍後、衆議院議長、農商務大臣を務め、晩年は普選運動の先頭に立つ。立憲政治の完成を追い求め続けた生涯に迫る。

目次

  • 第1 幕末維新の動乱
  • 第2 自由民権運動の展開
  • 第3 福島事件
  • 第4 政党政治家への成長
  • 第5 日清戦争後の内政
  • 第6 日露戦争後の政局
  • 第7 普通選挙への情熱

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

ページトップへ