書誌事項

名誉と暴力 : アメリカ南部の文化と心理

R.E.ニスベット, D.コーエン著 ; 石井敬子, 結城雅樹編訳

北大路書房, 2009.4

タイトル別名

Culture of honor : the psychology of violence in the South

タイトル読み

メイヨ ト ボウリョク : アメリカ ナンブ ノ ブンカ ト シンリ

大学図書館所蔵 件 / 173

注記

引用文献: 巻末p1-11

内容説明・目次

内容説明

南部に顕著な暴力性は、高い気温や奴隷制度、経済格差で説明されてきたが、著者らはこの地域に特有の「名誉の文化」に由来するという。名誉と暴力—この正反対の性質のようにみえる2つを分かちがたい社会規範としているアメリカ南部の人々の行動を、個人の生理反応からフィールド実験、人口統計、社会政策までを検証することで明らかにした文化心理学の先駆的研究。

目次

  • 第1章 アメリカ南部における暴力と名誉
  • 第2章 北部と南部の殺人率の違い
  • 第3章 北部人と南部人の暴力に対する態度の違い
  • 第4章 侮辱・怒り・攻撃—名誉の文化の「実験的民族誌」
  • 第5章 名誉の文化の集合的表象—暴力・社会政策・法律
  • 第6章 名誉の文化—表れ、説明、目指すべきところ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89737458
  • ISBN
    • 9784762826733
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xix, 173, 11, 4p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ