大学生からの「取材学」 : 他人とつながるコミュニケーション力の育て方

書誌事項

大学生からの「取材学」 : 他人とつながるコミュニケーション力の育て方

藤井誠二著

講談社, 2009.7

タイトル別名

大学生からの取材学 : 他人とつながるコミュニケーション力の育て方

タイトル読み

ダイガクセイ カラノ 「シュザイガク」 : タニン ト ツナガル コミュニケーションリョク ノ ソダテカタ

大学図書館所蔵 件 / 303

内容説明・目次

内容説明

子どもも大人も使える「人と関わるスキル」。有名大学の人気講座をまるごと公開。宮台真司(社会学者)、森達也(ドキュメンタリー作家)、名越康文(精神科医)氏らの「特別授業」も収録。

目次

  • 人に会って話を聴く
  • 「取材」とはなにか?
  • 社会の肌触りを体感する
  • 自分の身のまわりを掘り下げてみよう
  • 自分の「入れ替え可能性」について
  • 相手の怒りから逃げてはいけない
  • 「あたりまえ」のことをする
  • パターン認識で相手との共通項をさがす
  • 「出会う」プロセスも大切
  • 「場」と「空白」を味方にする
  • 相手の「見た目」は情報のかたまりだ
  • 「反逆する風景」を無視してはいけない
  • 共同体や文化背景からくる「言葉」を読む
  • マイ目利きをつくる
  • 必ず「生身」に触れること

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ