書誌事項

ベクトル解析

森毅著

(ちくま学芸文庫, [モ-6-5])

筑摩書房, 2009.10

タイトル読み

ベクトル カイセキ

大学図書館所蔵 件 / 121

注記

日本評論社1989年刊の追補

演習問題: p313-317

練習問題解答: p318-323

内容説明・目次

内容説明

ベクトル解析は、電磁気学・流体力学などを学ぶ学生に必須の課程で、しばしば工学・物理系の応用数学とみなされがちである。しかし見方をかえて、基礎的な「1次元の線形代数学」から多次元への発展、「1変数の微積分」から多変数関数の微積分への発展、の段階の解析学と考えれば、大学教養課程の結節点ともみなしうる。それはより抽象度の高い、多様体へのゆるやかな第一歩である。本書では、そのような展開性のある位置づけのもとに、森一刀斎が「ベクトル解析のココロ」を開陳する。最終章に新たに、教育的側面を明らかにした「なぜベクトル解析なのか」を加えた。

目次

  • 第0章 ベクトル解析とは
  • 第1章 多変数の微分(正比例関数と微分;多変数の(同次)1次関数;多変数関数の微分;多変数の微分計算;陰関数;勾配ベクトル場;変数変換;2階微分;微分作用素の計算;関数関係;多様体;多様体上の関数)
  • 第2章 多変数の積分(積分の概念;測度;微分と積分(1変数の場合);多変数の積分;体積要素;線積分;面積分;回転;発散;微分と積分(多変数の場合))
  • 第3章 なぜベクトル解析なのか—多次元世界の微積分
  • 演習問題
  • 練習問題解答

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91700552
  • ISBN
    • 9784480092526
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    327p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ