書誌事項

ノーマ・フィールドは語る : 戦後・文学・希望

ノーマ・フィールド, 岩崎稔, 成田龍一著

(岩波ブックレット, No.781)

岩波書店, 2010.4

タイトル別名

ノーマフィールドは語る : 戦後文学希望

タイトル読み

ノーマ・フィールド ワ カタル : センゴ・ブンガク・キボウ

大学図書館所蔵 件 / 211

内容説明・目次

内容説明

『天皇の逝く国で』で日本の読者の前に鮮烈な登場を果たしたノーマ・フィールド。その作品のもつ類のないみずみずしさは、作者その人の魅力でもある。デビュー作から『小林多喜二』(岩波新書)まで、日米の社会の中で凛として立つ少数派に寄せ続ける共感の根には、自らの戦後経験、一九六八年、そして文学への希望があった。

目次

  • 1 『天皇の逝く国で』—三人との出会い
  • 2 基地と沖縄
  • 3 源氏研究と『天皇の逝く国で』をつなぐもの
  • 4 大学時代・六八年フランス・ベトナム反戦
  • 5 戦争と謝罪
  • 6 教育の可能性
  • 7 祖母・母・父
  • 8 多喜二へ—文学への希望

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB01657602
  • ISBN
    • 9784002707815
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    63p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ