書誌事項

西洋経済史

奥西孝至 [ほか] 著

(有斐閣アルマ, Specialized)

有斐閣, 2010.4

タイトル別名

European economic history

タイトル読み

セイヨウ ケイザイシ

大学図書館所蔵 件 / 235

注記

その他の著者: 鴋澤歩, 堀田隆司, 山本千映

参考文献: 各章末

索引: p335-345

内容説明・目次

内容説明

ヨーロッパは近いのか遠いのか。現代の世界経済はヨーロッパ経済が世界に拡大する形で形成された。他者であるヨーロッパを理解するために、また、今後の世界経済の成長を探るために、ヨーロッパとの距離感を確認し、その歴史を学ぼう。

目次

  • 古代から中世へ—ヨーロッパにおける市場社会の形成
  • 第1部 近世(初期近代)—ヨーロッパの成長と拡大(ヨーロッパの拡大と国際競争の開始;17〜18世紀の「経済危機」と国家の形成;ヨーロッパの工業化をどうとらえるか)
  • 第2部 近代—工業化の世界(ヨーロッパにおける工業化の始動;さまざまな工業化;「第2次産業革命」の時代;ヨーロッパの外で)
  • 第3部 現代—グローバリゼーションとヨーロッパの一体性(世界大戦とヨーロッパ経済;第2次大戦後のヨーロッパ経済;EUへの道—ヨーロッパ経済統合の進展)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ