脳とグリア細胞 : 見えてきた!脳機能のカギを握る細胞たち

書誌事項

脳とグリア細胞 : 見えてきた!脳機能のカギを握る細胞たち

工藤佳久著

(知りたいサイエンス, 092)

技術評論社, 2011.1

タイトル別名

脳とグリア細胞 : 見えてきた脳機能のカギを握る細胞たち

タイトル読み

ノウ ト グリア サイボウ : ミエテ キタ!ノウ キノウ ノ カギ オ ニギル サイボウ タチ

大学図書館所蔵 件 / 167

注記

参考図書: p302-305

内容説明・目次

内容説明

脳の情報処理に関わる細胞といえば、ニューロンだった。ところが、ニューロン以外にも情報処理に関わる細胞群があることがわかってきた。グリア細胞である。人の脳には、ニューロンの約10倍もグリア細胞が存在するといわれている。最近の研究により、グリア細胞がニューロンとは違う方法で脳機能の発現に関与していることが分かってきている。では、グリア細胞はどんな働きをしているのだろうか?これまでだれも書かなかったグリア細胞の驚くべき性質を明らかにする。

目次

  • プロローグ
  • 私がグリア細胞の存在を意識した理由
  • グリア細胞を理解するための脳の基礎知識
  • 脳の中にいるグリア細胞たち「グリア細胞とひとまとめにして欲しくない」
  • グリア細胞の働きへの不当な評価と誤解
  • グリア細胞は働き者
  • グリア細胞のもっとすごい働き、ニューロンとの情報交換
  • 私たちは脳機能発現にも直接関与しています
  • 脳の障害とグリア細胞
  • 神経変性疾患とグリア細胞
  • 精神疾患とグリア細胞
  • グリアたちの声を聴いて反省すること、考えること

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04370319
  • ISBN
    • 9784774145082
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    311p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ