倫理とは何か : 猫のアインジヒトの挑戦

書誌事項

倫理とは何か : 猫のアインジヒトの挑戦

永井均著

(ちくま学芸文庫, [ナ13-2])

筑摩書房, 2011.1

タイトル別名

倫理とは何か

タイトル読み

リンリ トワ ナニ カ : ネコ ノ アインジヒト ノ チョウセン

大学図書館所蔵 件 / 145

注記

2003年1月産業図書より刊行されたものを文庫化

巻号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

悪いことはしたくない、できれば善いことをしたい—。本当に皆がそう思っているのか?そもそも、人はなぜ道徳的に善く生きねばならないのか?この地平から本書は、道徳的な善悪それ自体を哲学していく。二人の大学生と猫のアインジヒト、M先生が登場し、「人はみな自分の幸福を求めているか?」「社会契約は可能か?」「なぜ道徳的であるべきか?」等について対話を繰り広げる。プラトン、アリストテレス、ホッブズ、ルソー、カント、ロールズらの考えがくっきりわかる、これまでにない不道徳な倫理学の教科書。

目次

  • アインジヒトとの遭遇 何が問題か?
  • M先生の講義1 プラトンとアリストテレス(真の幸福について)
  • アインジヒトとの議論1 人はみな自分の幸福を求めているか?
  • M先生の講義2 ホッブズとヒューム(社会契約について)
  • アインジヒトとの議論2 社会契約は可能か?
  • M先生の講義3 ルソーとカント(「自由」について)
  • アインジヒトとの議論3 利己主義の普遍化は不可能か?
  • M先生の講義4 ベンサムとミル(功利主義について)
  • アインジヒトとの議論4 利己主義と“魂”に対する態度
  • アインジヒトのはじめての講義 ニーチェとキリスト教道徳〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ