リスニングとスピーキングの理論と実践 : 効果的な授業を目指して

書誌事項

リスニングとスピーキングの理論と実践 : 効果的な授業を目指して

冨田かおる, 小栗裕子, 河内千栄子編集

(英語教育学大系 / 大学英語教育学会監修, 第9巻)

大修館書店, 2011.1

タイトル別名

Listening and speaking : theory and practice for effective teaching

リスニングとスピーキングの理論と実践 : 効果的な授業を目指して

タイトル読み

リスニング ト スピーキング ノ リロン ト ジッセン : コウカテキナ ジュギョウ オ メザシテ

大学図書館所蔵 件 / 324

注記

監修: 大学英語教育学会

引用文献: p[241]-252

内容説明・目次

内容説明

国際化が叫ばれる中、日本人の英語はいかにあるべきか。音声教育の視点からその方向性を探る。

目次

  • 第1章 音声の習得と指導(音声習得とは何か;音声習得に影響を与える要因;発音の指導;発音テストの作成とその評価)
  • 第2章 リスニングの習得と指導(リスニングとは何か;リスニングに影響を与える要因;リスニングの指導;リスニングテストの作成とその評価)
  • 第3章 スピーキングの習得と指導(スピーキングとは何か;スピーキングに影響を与える要因;スピーキングの指導;スピーキングテストの作成とその評価)
  • 第4章 リスニングとスピーキングの今後の課題(音声習得;リスニング;スピーキング)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ