書誌事項

昭和モダンと転向

川西政明著

(新・日本文壇史 / 川西政明著, 第5巻)

岩波書店, 2011.3

タイトル読み

ショウワ モダン ト テンコウ

大学図書館所蔵 件 / 224

注記

参考文献: p277-280

内容説明・目次

内容説明

大正デモクラシーを継承した昭和初年は、西洋風の生活スタイルが日常生活の中に取り入れられ、徐々に浸透していった時代であった。この時代の表現者の「華」として登場した伊藤整を彩る愛と性、最後の文士といわれる高見順の修羅の人生、リンチ共産党事件を身近で経験した平野謙とその周囲の人々、転向時代を獄外十二年で生き抜いた中野重治・原泉夫妻の絆、川端康成と「雪国」のモデル、井伏鱒二の知られざる恋などを活写して、この時代の文壇の実相に迫る。

目次

  • 第25章 伊藤整の性と愛
  • 第26章 最後の文士高見順の修羅の人生
  • 第27章 平野謙が経験したリンチ共産党事件
  • 第28章 中野重治と原泉の転向時代
  • 第29章 「雪国」の駒子
  • 第30章 井伏鱒二の恋文

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ