外邦図 : 帝国日本のアジア地図

書誌事項

外邦図 : 帝国日本のアジア地図

小林茂著

(中公新書, 2119)

中央公論新社, 2011.7

タイトル読み

ガイホウズ : テイコク ニホン ノ アジア チズ

大学図書館所蔵 件 / 296

注記

参考文献: p273-282

内容説明・目次

内容説明

明治初期から第二次世界大戦終結まで、日本がアジア・太平洋地域について作製した「外邦図」。陸軍が中心となり、戦争と植民地統治の「道具」として、朝鮮、中国、東南アジアと、進出に先駆けて作られた。その手段は、複製、秘密測量、空中撮影であり、現地での衝突も少なくなかった。本書は、初期の陸軍将校たちの偵察測量、日露戦争戦場での争奪、越境空撮など、従来知られていなかった作製の内実と利用の歴史を明らかにする。

目次

  • 外邦図の世界
  • 近代国家と地図作製
  • 草創期の外邦図作製—海外地理情報の編集
  • 朝鮮半島の偵察と測量—日朝修好条規締結以後
  • 中国大陸の偵察と測量—陸軍将校たちの「旅行」
  • 日清戦争と初期外邦図
  • 日清戦争とその後—臨時測図部設置とロシアとの角逐
  • 日露戦争—地図争奪と後方での測量
  • 日露戦争終結後の臨時測図部
  • 植民地の土地調査事業—台湾・朝鮮・関東州
  • 第一次世界大戦・シベリア出兵と外邦測量
  • 空中写真による地図作製の発展
  • 満州事変から第二次世界大戦へ—中国と南方の外邦図
  • 外邦図作製の拡大と敗戦
  • 外邦図と現代

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ