高橋由一 : 日本洋画の父

書誌事項

高橋由一 : 日本洋画の父

古田亮著

(中公新書, 2161)

中央公論新社, 2012.4

タイトル読み

タカハシ ユイチ : ニホン ヨウガ ノ チチ

大学図書館所蔵 件 / 294

注記

参考文献: p170-173

高橋由一年表: p174-178

内容説明・目次

内容説明

代表作『鮭』『花魁』が歴史や美術の教科書に掲載されている高橋由一。彼は幕末から明治にかけて日本洋画界の礎を築いた、日本で最初の“本格的な洋画家”である。晩年、黒田清輝によって洋画界の勢力図は塗り替えられ、一時は忘れられた存在となった。だが、清輝登場の転換点を含め、由一の人生は洋画揺籃期の重要な局面とことごとくリンクしている。由一の事績を今日的視点で見直し、近代絵画史のうねりを活写する。

目次

  • 序章 晩年の洋画沿革展覧会—一八九三年
  • 第1話 画家「高橋〓(い)之介」
  • 第2話 画学局に入局の事
  • 第3話 ワーグマンに入門の事
  • 第4話 上海旅行、そして維新
  • 第5話 花魁
  • 第6話 東海道、関西を往く
  • 第7話 画塾創設
  • 第8話 明治九年という転換点
  • 第9話 洋画か日本画か
  • 第10話 こんぴら詣で
  • 第11話 美術館の夢
  • 第12話 東北での足跡
  • 終章 高橋由一の死後

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08973134
  • ISBN
    • 9784121021618
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 178p, 図版 [8] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ