書誌事項

団地の空間政治学

原武史著

(NHKブックス, 1195)

NHK出版, 2012.9

タイトル読み

ダンチ ノ クウカン セイジガク

大学図書館所蔵 件 / 314

注記

参考文献: p269-280

団地年表: p286-287

内容説明・目次

内容説明

高度成長期に燦然と輝いていた団地文化とは何だったのか?香里団地、ひばりケ丘団地、常盤平団地など、東西の大団地をフィールドワークし、埋もれた資史料を調査した著者が、躍動する団地自治の実態と住民の革新的な政治意識を明らかにする。さらに沿線の鉄道からの影響や、建築・設計上の特徴をも考察し、団地をアメリカ的ライフスタイルの典型と捉える従来の史観に再考を迫る。今日の団地の高齢化や孤独死問題が生じた淵源を、コミュニティ志向の衰退と個人主義台頭の歴史に探り、知られざる政治思想史の一断面を描出する画期的論考。

目次

  • はじめに 政治思想史から見た団地
  • 第1章 「理想の時代」と団地
  • 第2章 大阪—香里団地
  • 第3章 東京多摩—多摩平団地とひばりケ丘団地
  • 第4章 千葉—常盤平団地と高根台団地
  • 第5章 団地の時代は終わったか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ