書誌事項

その展開

エトムント・フッサール著

(ちくま学芸文庫, [フ21-3] . 間主観性の現象学||カンシュカンセイ ノ ゲンショウガク ; 2)

筑摩書房, 2013.9

タイトル別名

Zur Phänomenologie der Intersubjektivität : Texte aus dem Nachlass

タイトル読み

ソノ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

原著 (Den Haag : M. Nijhoff, 1973) の翻訳

監訳: 浜渦辰二, 山口一郎

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

フッサール現象学のメインテーマ「間主観性の現象学」第2巻。本書では、自他の身体の構成から人格的生の精神共同体の構成まで、生活世界の根底とその全体に到達しうる現象学的分析が展開される。フッサールの人格共同体の構成分析は、人間の社会生活の具体的で歴史的な全体性を呈示し、のちのハイデガーやレヴィナスなどの真の関係性を喪失している孤立した実存の限界までも克服する。人格共同体の実現に関する構成分析はまた、日本における人格概念を基軸にする社会哲学の完全な欠落をうきぼりにし、日本の生活世界に根ざした社会哲学の構築を喫緊の課題として要請するだろう。待望の本邦初訳。

目次

  • 第1部 自他の身体(自分の身体と他者の身体;私の身体の構成 ほか)
  • 第2部 感情移入と対化(感情移入論への導入;精神の現出としての他者経験 ほか)
  • 第3部 共同精神(共同体論)(共に働きかけあう共同体としての社会共同体;共同体の高次の能作とその構成 ほか)
  • 第4部 正常と異常(正常な人の世界と、異常な人が世界構成へ参加すること;正常性から出発する世界の超越論的構成 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13444620
  • ISBN
    • 9784480095749
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    599, viip
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ