ガリレオ : 望遠鏡が発見した宇宙

書誌事項

ガリレオ : 望遠鏡が発見した宇宙

伊藤和行著

(中公新書, 2239)

中央公論新社, 2013.10

タイトル読み

ガリレオ : ボウエンキョウ ガ ハッケン シタ ウチュウ

大学図書館所蔵 件 / 285

注記

図版出典一覧: p207

文献紹介と読書案内: p208-210

ガリレオ・ガリレイ (1564-1642) 年譜: p211-212

内容説明・目次

内容説明

一六〇九年末、ガリレオ・ガリレイは望遠鏡を空に向け、天体観測を始めた。優れた望遠鏡製作者でもあった彼は、月のクレーター、木星の衛星、金星の満ち欠けなどを次々と発見。天文学、ひいては宇宙論に革命をもたらした。本書は著作、草稿、書簡などの史料をもとに、ガリレオの「もっとも輝いた日々」をいきいきと描きだす。天体観測の成果や他の学者との論争を通して、ガリレオが見た宇宙を追体験しよう。

目次

  • 第1章 望遠鏡と天体観測
  • 第2章 『星界の報告』
  • 第3章 太陽中心説へ
  • 第4章 『太陽黒点論』
  • 第5章 新しい自然研究へ
  • 終章 宮廷科学者ガリレオ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ