分子からみた生物進化 : DNAが明かす生物の歴史

書誌事項

分子からみた生物進化 : DNAが明かす生物の歴史

宮田隆著

(ブルーバックス, B-1849)

講談社, 2014.1

タイトル別名

分子からみた生物進化 : DNAが明かす生物の歴史

分子進化学への招待

タイトル読み

ブンシ カラ ミタ セイブツ シンカ : DNA ガ アカス セイブツ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 341

注記

『分子進化学への招待』 (講談社, 1994.12) の改訂

さらに進んで読むための本: p404

索引: p405-409

内容説明・目次

内容説明

生物最古の枝分かれはどうおきたか?カンブリア爆発は遺伝子の爆発をともなったか?形態レベルの進化と分子レベルの進化をどう橋渡しするか?分子系統樹はダーウィンの夢をどのようにかなえたのか?いまだ多くの謎につつまれている生物の進化。化石には残らない進化の情報が、突然変異としてDNAには刻まれている。DNAに秘められた生物の歴史を丹念にたどり、進化のしくみを解き明かす分子進化学。その基礎から最先端の成果までをわかりやすく紹介する。

目次

  • ダーウィンと近代進化学の幕開け
  • 遺伝のしくみ
  • DNAで進化をみる
  • 遺伝子がもつ進化の情報を探る
  • 分子進化の保守性
  • 分子進化速度
  • インフルエンザウイルス=進化のミニチュア
  • オスが進化を牽引する
  • 類似の配列をコンピュータで探す—バイオインフォマティックスへの礎石
  • コピーによる遺伝子の多様化〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB1451942X
  • ISBN
    • 9784062578493
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    409p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ