デジタル・アーカイブの最前線 : 知識・文化・感性を消滅させないために

書誌事項

デジタル・アーカイブの最前線 : 知識・文化・感性を消滅させないために

時実象一著

(ブルーバックス, B-1904)

講談社, 2015.2

タイトル別名

デジタルアーカイブの最前線 : 知識文化感性を消滅させないために

タイトル読み

デジタル・アーカイブ ノ サイゼンセン : チシキ・ブンカ・カンセイ オ ショウメツ サセナイ タメ ニ

大学図書館所蔵 件 / 343

注記

参考書籍: p210-212

掲載画像の出典一覧: p213-214

内容説明・目次

内容説明

災害の悲しい記憶も、映画の名場面が生む感動も、人類が未来に残すべき貴重な「知の遺産」である。だが、それらを守るしくみが崩れつつあるいま、出版物は孤児と化し、映像は再生不能となり、ウェブ世界でも膨大な情報がどんどん消えている。これらを電子的に保存すべく、世界の有志たちが立ち上がり、推進するデジタル・アーカイブ。その考え方、方法から乗り越えるべき問題まで。

目次

  • 第1章 歴史を記録するアーカイブ(東日本大震災とアーカイブ;テレビニュースを保存しよう;昔のホームページはどこに)
  • 第2章 文化を記録するアーカイブ(映画を消滅から救う;家族の写真を保存する;音を保存しよう;芸術作品のアーカイブ)
  • 第3章 活字を記録するアーカイブ(本をアーカイブする;新聞記事で歴史をひもとく;作られなかった議事録;アカデミズムのアーカイブ)
  • 第4章 アーカイブの技術(デジタルデータの技術;アーカイブのネットワークで世界がつながる)
  • 第5章 これからのアーカイブ(アーカイブに立ちふさがる壁;デジタル・ヒューマニティーズのすすめ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ