書誌事項

不健康は悪なのか : 健康をモラル化する世界

ジョナサン・M・メツル, アンナ・カークランド編 ; 細澤仁 [ほか] 共訳

みすず書房, 2015.4

タイトル別名

Against health : how health became the new morality

タイトル読み

フケンコウ ワ アク ナノカ : ケンコウ オ モラルカ スル セカイ

大学図書館所蔵 件 / 267

注記

その他の共訳者: 大塚紳一郎, 増尾徳行, 宮畑麻衣

原著 (New York University Press, 2010) の全訳

内容説明・目次

内容説明

私たちは、なぜ健康でなくてはならないのだろうか?今日、新たな規範やイデオロギーによって「健康」という言葉が示すものは変容しつつある。15篇を収録。多彩なトピック、多面的な視点からモラル化する「健康」を批判的に考察し、「健康」のあるべき姿を思索する。

目次

  • イントロダクション—なぜ健康に異議を唱えるのか?
  • 第1部 ところで、健康とは何だろう?(健康とは何なのだろう?そして、どうしたら健康になれるのだろう?;肉体の肥大に伴う危険性—肥満、食事、そして「健康」のあいまいさをめぐって;グローバルヘルスへの異義?—健康を通して、科学、非科学、そしてナンセンスを調停すること)
  • 第2部 道徳から見た健康(遺伝子時代、健康をめぐっての社会的不道徳—人種、障害、不平等;肥満パニック、そして新しき道徳;(ときには)おpっぱいの育児に異議を唱える)
  • 第3部 健康と疾患を造り出すこと(製薬業界のプロパガンダ;受動‐攻撃性パーソナリティ障害の奇妙に受動‐攻撃的な歴史;強迫性障害の氾濫—精神医療への異議;原子力への異常な愛情—あるいはいかにして原子爆弾は死に関するアメリカ人の考え方を変えたのか)
  • 第4部 健康になった後の快楽と苦痛(セックスは健康のために必要か?—無性愛という悦び;備えよ—サバイバーシップは癌患者の義務なのか?;苦痛の名のもとに)
  • 結語—来たるべき健康とは?

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18412483
  • ISBN
    • 9784622078944
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    250, xxxivp
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ