書誌事項

身体と親密圏の変容

大澤真幸編

(岩波講座現代, 7)

岩波書店, 2015.12

タイトル読み

シンタイ ト シンミツケン ノ ヘンヨウ

大学図書館所蔵 件 / 277

注記

執筆者: 菅原和孝, 下條信輔, 熊谷晋一郎, 千葉雅也, 門林岳史, 千田有紀, 赤川学, 高谷幸, 樫村愛子, 風間孝

執筆者「高谷幸」の「高」は「梯子高 (はしごだか)」の置き換え

参照文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

家族、性、知覚、欲望…身体はどこまで担えるか。現代社会の全体像を把握し、新たな知の基盤を築くための挑戦。

目次

  • 1 「身体」としての現代(“語る身体”の生成;潜在脳、自由意思、社会;関係としての身体—障害を生きる経験から;思弁的実在論と無解釈的なもの;ポストメディア時代の身体と情動—フェリックス・ガタリから情動論的転回へ)
  • 2 「家族」の終焉?(揺らぐ日本の近代家族;家族の多様性と社会の多様性—少子化をめぐって;近代家族の臨界としての日本型国際結婚)
  • 3 「性」をめぐって(現代社会における性的差異と性関係—ラカン派精神分析の観点から;性的マイノリティをとりまく困難と可能性—同性愛者への寛容と構造的不正義)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20304472
  • ISBN
    • 9784000113878
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 288p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ