書誌事項

荒涼館

ディケンズ作 ; 佐々木徹訳

(岩波文庫, 赤(32)-229-11, 赤(32)-229-12, 赤(32)-229-13, 赤(32)-229-14)

岩波書店, 2017

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

タイトル別名

Bleak house

タイトル読み

コウリョウカン

大学図書館所蔵 件 / 216

注記

原著 (1852-1853) の全訳

翻訳の底本: George Ford and Sylvère Monod (eds.), Norton critical edition (1977)

内容説明・目次

巻冊次

1 ISBN 9784003724019

内容説明

「おまえはおかあさんの恥でした」—親の名も顔も知らずに育ったエスターと、あまたの人を破滅させる「ジャーンダイス訴訟」。二つをつなぐ輪とは何か?ミステリと社会小説を融合し、貴族から孤児まで、一九世紀英国の全体を描きだすディケンズの代表作。
巻冊次

2 ISBN 9784003724026

内容説明

「なにかがわたしのなかで息づきはじめました」—荒涼館の一員となったエスターは、教会で見た准男爵夫人の姿になぜか深い衝撃を受ける。ロンドンでは、リチャードが終わりの見えない裁判に期待を寄せ、身元不明の代書人の死にまつわる捜査も広がりを見せる。
巻冊次

3 ISBN 9784003724033

内容説明

「ああ、いとしいわたしの子、ゆるしておくれ!」—生死の淵から帰還したエスターを待ち構える衝撃の数々。鏡に映る姿、思いもかけなかった「母」の告白、そして求婚…。ロンドンでは、ジャーンダイス訴訟に関わる人物が殺害される。逮捕されたのは誰か?
巻冊次

4 ISBN 9784003724040

内容説明

「荒涼館からどんどんひとがいなくなるね」—エイダとリチャードが去った屋敷を守るエスター。彼女を殺人事件捜査のため深夜連れ回すバケット警部。ジャーンダイス裁判も終末が近づき、二つの視点で交互に語られた物語は大団円を迎える。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23852372
  • ISBN
    • 9784003724019
    • 9784003724026
    • 9784003724033
    • 9784003724040
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ