ファシスト的公共性 : 総力戦体制のメディア学

書誌事項

ファシスト的公共性 : 総力戦体制のメディア学

佐藤卓己著

岩波書店, 2018.4

タイトル読み

ファシストテキ コウキョウセイ : ソウリョクセン タイセイ ノ メディアガク

大学図書館所蔵 件 / 206

注記

引用文献一覧: 巻末p1-17

内容説明・目次

内容説明

民主化されたプロパガンダ。「ポスト真実」は新しいのか?“参加”と“共感”に翻弄される民主主義。フェイク・ニュースが跋扈する現在を、メディア史的思考が撃つ!

目次

  • 「ポスト真実」時代におけるメディア史の効用
  • 1 ナチ宣伝からナチ広報へ(ファシスト的公共性—非自由主義モデルの系譜;ドイツ新聞学—ナチズムの政策科学;世論調査とPR—民主的学知の“ナチ遺産”)
  • 2 日本の総力戦体制(情報宣伝—「十五年戦争」を超える視点;メディア論—電体主義の射程;思想戦—言説空間の現代化;文化力—メディア論の貧困)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ