ヴィルヘルム2世 : ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」

書誌事項

ヴィルヘルム2世 : ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」

竹中亨著

(中公新書, 2490)

中央公論新社, 2018.5

タイトル別名

ヴィルヘルム2世 : ドイツ帝国と命運を共にした国民皇帝

タイトル読み

ヴィルヘルム 2セイ : ドイツ テイコク ト メイウン オ トモニシタ「コクミン コウテイ」

大学図書館所蔵 件 / 274

注記

参考文献: p218-222

内容説明・目次

内容説明

1888年にドイツ皇帝として即位したヴィルヘルム2世(1859〜1941)。統一の英雄「鉄血宰相」ビスマルクを罷免し、自ら国を率いた皇帝は、海軍力を増強し英仏露と対立、第一次世界大戦勃発の主要因をつくった。1918年、敗戦とともにドイツ革命が起きるとオランダへ亡命、その地で没する。統一国民国家の草創期、ふたつの世界大戦という激動の時代とともに歩んだ、最後のドイツ皇帝の実像。

目次

  • 第1章 二人のヴィルヘルム(武人「カイゼル」;「女性的」な皇帝 ほか)
  • 第2章 「個人統治」への意志(外務省での衝突;争点としての労働者問題 ほか)
  • 第3章 世界帝国への夢(フィンランドの島にて;歴史の転換点か? ほか)
  • 第4章 世界大戦へ(第一次世界大戦の主役か;大戦への導火線 ほか)
  • 第5章 晩年(単調な日々;ドルンの城館 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ