フォッサマグナ : 日本列島を分断する巨大地溝の正体

書誌事項

フォッサマグナ : 日本列島を分断する巨大地溝の正体

藤岡換太郎著

(ブルーバックス, B-2067)

講談社, 2018.8

タイトル読み

フォッサマグナ : ニホン レットウ オ ブンダン スル キョダイ チコウ ノ ショウタイ

大学図書館所蔵 件 / 273

注記

参考図書: p226-230

さくいん: p231-236

内容説明・目次

内容説明

日本列島を人間の身体にたとえたなら、背骨のど真ん中にある巨大地溝がフォッサマグナだ。1500万年前に生まれた深さ6000m以上の「怪物」は、数々の火山や堆積物に覆われながら、現在もなお、日本列島に大きな影響を与えつづけている。それはなぜできたのか?なぜ世界唯一の地形なのか?長年の謎が、いまようやく解き明かされてきた!

目次

  • 序章 ナウマンの発見
  • 第1章 フォッサマグナとは何か
  • 第2章 地層から見たフォッサマグナ
  • 第3章 海から見たフォッサマグナ—日本海の拡大
  • 第4章 海から見たフォッサマグナ—フィリピン海の北上
  • 第5章 世界にフォッサマグナはあるか
  • 第6章 “試論”フォッサマグナはなぜできたのか
  • 第7章 フォッサマグナは日本に何をしているのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2664850X
  • ISBN
    • 9784065128718
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    236p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ