書誌事項

闇の日本美術

山本聡美著

(ちくま新書, 1356)

筑摩書房, 2018.9

タイトル読み

ヤミ ノ ニホン ビジュツ

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

参考図書: p213

内容説明・目次

内容説明

日本の古代・中世絵画には苦しみ、恐れ、悲しみ、嫉妬、絶望など、世界の暗部をのぞき込むような主題が散見される。本書では絵巻や掛幅画に描かれた闇について、仏教思想や身体観、歴史的事件などを手がかりに「地獄」「鬼と怪異」「病」「死」「断罪」「悲しき女」の各テーマに分けて、よみといていく。日本人は生老病死をどうとらえ、どう描いてきたのか。暗闇からの日本美術入門。

目次

  • プロローグ 闇
  • 第1章 地獄
  • 第2章 鬼と怪異
  • 第3章 病
  • 第4章 死
  • 第5章 断罪
  • 第6章 悲しき女
  • エピローグ 光ある方へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ