入門者のPython : プログラムを作りながら基本を学ぶ

書誌事項

入門者のPython : プログラムを作りながら基本を学ぶ

立山秀利著

(ブルーバックス, B-2072)

講談社, 2018.9

タイトル別名

入門者(にゅうもんしゃ)のPython(パイソン) : プログラムを作りながら基本を学ぶ

タイトル読み

ニュウモンシャ ノ Python : プログラム オ ツクリナガラ キホン オ マナブ

大学図書館所蔵 件 / 269

内容説明・目次

内容説明

Pythonは、AIの開発やデータ分析、統計など何かと話題の分野で必須のプログラミング言語です。本書では、3つのプログラムを作り、動かしながらPythonの基本からちょっとした応用を学びます。1つ1つの手順を丁寧に解説するので、書いてあるとおりにプログラムを作っていくだけで自然とPythonの使い方や特長をマスターできます。

目次

  • Pythonとは
  • Pythonを学ぶ前の準備
  • Pythonプログラミングはじめの一歩
  • Pythonでファイルやフォルダーを操作する
  • ファイルの更新日が名前のフォルダーを作成しよう
  • 条件によって実行する処理を使い分けよう
  • 「繰り返し」で複数のファイルに同じ処理を実行しよう
  • 変数を利用して、作成したフォルダー数を取得する
  • ファイル名やファイル数に関係なく処理できるようにしよう
  • 機能は変えずにプログラムの完成度を高めよう〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ