いやでも物理が面白くなる : 「止まれ」の信号はなぜ世界共通で赤なのか?

書誌事項

いやでも物理が面白くなる : 「止まれ」の信号はなぜ世界共通で赤なのか?

志村史夫著

(ブルーバックス, B-2091)

講談社, 2019.3

新版

タイトル別名

止まれの信号はなぜ世界共通で赤なのか

いやでも物理が面白くなる : 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?

タイトル読み

イヤ デモ ブツリ ガ オモシロクナル : 「トマレ」ノ シンゴウ ワ ナゼ セカイ キョウツウ デ アカ ナノカ?

大学図書館所蔵 件 / 271

注記

「いやでも物理が面白くなる : 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?」 (ブルーバックス, 2001) を大幅加筆・修正をしたもの

参考図書 : さらに深く知りたい人のために: 各章末

さくいん: p304-310

内容説明・目次

内容説明

肉屋の肉はなぜ美味しそうに見える?人工衛星はなぜ地球を周回できる?朝日や夕日はなぜ赤い?カウンター・パンチはなぜ強烈?圧力鍋はなぜ短時間で煮える?紫外線が皮膚がんを起こすのはなぜ?宇宙船内は無重力状態じゃなかった!…身近な「なぜ?」から始まる、誰でも楽しめる「超」入門書。

目次

  • 第1章 光—最も身近で最も謎に満ちた存在(光は「過去を伝える」使者;知れば知るほど謎だらけ—賢人泣かせの「光の正体」 ほか)
  • 第2章 電気はなぜ万能なのか—なんでもできる電磁波の不思議(電磁波の話—「見えない光」の正体;電気とは何か? ほか)
  • 第3章 力とエネルギー—万物は「運動」する(隣を走る車はなぜ止まって見える?;潮の満ち干はなぜ起こる? ほか)
  • 第4章 万物の「究極構造」を考える—「見えない世界」の物理学(水と氷と水蒸気;ダイヤモンドと炭—同じ物質が見せる「別の顔」 ほか)
  • 第5章 「時間」と「空間」を考え直す—「絶対」から「相対」へ(アインシュタイン16歳の空想;時間と空間は切り離せない?—「時空」とは何か ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27861058
  • ISBN
    • 9784065155141
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    310p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ