創造と狂気の歴史 : プラトンからドゥルーズまで

書誌事項

創造と狂気の歴史 : プラトンからドゥルーズまで

松本卓也著

(講談社選書メチエ, 696)

講談社, 2019.3

タイトル読み

ソウゾウ ト キョウキ ノ レキシ : プラトン カラ ドゥルーズ マデ

大学図書館所蔵 件 / 191

注記

参考文献: p362-376

内容説明・目次

内容説明

スティーヴ・ジョブズが「師」と仰いだ起業家ノーラン・ブッシュネルは、創造をもたらすには「クレイジー」な人物を雇うべきだと説いた。「創造」と「狂気」には深い結びつきがあることを先端で活躍する人たちは、誰もがよく理解している。そして「創造と狂気」という問題は、実に二五〇〇年に及ぶ歴史をもつ。本書は、プラトン、アリストテレスに始まり、デカルト、カント、ヘーゲルを経てラカン、デリダ、ドゥルーズに至る壮大な歴史を大胆に、明快に描く未曾有の書である。気鋭の著者がついに解き放つ渾身の書き下ろし!

目次

  • はじめに—創造と狂気は紙一重?
  • 「創造と狂気」の関係を問う
  • プラトン—神的狂気と創造
  • アリストテレス—メランコリーと創造
  • フィチーノとデューラー—怠惰からメランコリーへ
  • デカルト—狂気に取り憑かれた哲学
  • カント—狂気を隔離する哲学
  • ヘーゲル—狂気を乗り越える哲学
  • ヘルダーリン—ついに統合失調症が現れる
  • ハイデガー—詩の否定神学
  • ラカン—「詩の否定神学」の構造論化
  • ラプランシュとフーコー—ヘルダーリンと父の問題
  • アルトーとデリダ—病跡学脱構築
  • ドゥルーズ—「詩の否定神学」からの逃走

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ