私たちが国際協力する理由 : 人道と国益の向こう側

書誌事項

私たちが国際協力する理由 : 人道と国益の向こう側

紀谷昌彦, 山形辰史著

日本評論社, 2019.8

タイトル別名

Why should we act for international cooperation? : looking beyond humanitarian and national interest considerations

私たちが国際協力する理由 : 人道と国益の向こう側

タイトル読み

ワタシタチ ガ コクサイ キョウリョク スル リユウ : ジンドウ ト コクエキ ノ ムコウガワ

大学図書館所蔵 件 / 216

注記

参考文献: 巻末pii-xiii

内容説明・目次

内容説明

日本のため?世界のため?あなたの答えは?—日本の国際協力の最前線で活躍する二人の…「競著」。

目次

  • 第1章 問題提起:国際開発は国益とどう向き合うべきか?(多層な社会に属している私たち;開発援助に何を託すのか)
  • 第2章 日本と世界のための政府開発援助(ODA)(「開発」の課題:「世界益」の推進;「外交」の課題:「国益」の推進;「開発外交」の課題:「世界益」と「国益」の同時実現;「世界益」と「国益」を両立させる具体策)
  • 第3章 持続可能な開発目標(SDGs)の行方(SDGsとは何か?;SDGsまでの道のり:国際開発の理想と挫折;SDGsの仕組みとそれを取り巻く環境;まとめ:理想主義の10年から一国中心主義の10年へ)
  • 第4章 日本の強みを世界に生かす発想と実践(日本の強みを世界に生かす発想;日本の強みを世界に生かす実践)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ