書誌事項

菓子と果物

関沢まゆみ編

(日本の食文化, 6)

吉川弘文館, 2019.11

タイトル読み

カシ ト クダモノ

大学図書館所蔵 件 / 304

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

砂糖が普及する以前、甘い食物は貴重だった。古代から食されてきた栗・柿・みかん、年中行事と関わる饅頭・汁粉・柏餅、庶民に親しまれた飴、贈答品の和菓子、文明開化後の洋菓子など、人を惹きつける甘味の文化を描く。

目次

  • 総論 甘味の魅力と食の文化
  • 栗とトチ・どんぐり—木の実の食法
  • 柿—甘味の確保
  • みかん—不老不死の果物
  • 飴—甘味と薬用
  • 饅頭と汁粉・善哉—小豆と餡
  • 羊羮・蒸菓子・干菓子—菓子の彩り
  • 粽と柏餅—葉包み食の伝承
  • カステラと菓子パン—オーブンで焼く菓子

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ