戦国武将の叡智 : 人事・教養・リーダーシップ

書誌事項

戦国武将の叡智 : 人事・教養・リーダーシップ

小和田哲男著

(中公新書, 2593)

中央公論新社, 2020.5

タイトル別名

戦国武将の叡智 : 人事教養リーダーシップ

タイトル読み

センゴク ブショウ ノ エイチ : ジンジ・キョウヨウ・リーダーシップ

大学図書館所蔵 件 / 259

内容説明・目次

内容説明

群雄割拠の戦国時代、数多の武将が激しい合戦を繰り広げながら、独自の領国経営を行っていた。下剋上・弱肉強食・合従連衡による淘汰が進む実力主義のなかで、リーダーたる武将たちは何を考え、どう行動したのか。部下の諌言を重視した武田信玄、「戦わずして勝つ」を極めた豊臣秀吉、歴史書に学んだ徳川家康など、名将たちの“乱世を生き抜く叡智”とは。現代にも生かせる教養、人材活用術、リーダーシップの本質を凝縮。

目次

  • 第1部 戦国武将のリーダーシップ(「七分勝ち」を説いた信玄の真意;刀狩りから元和偃武へ;「名を惜しむ」という武士の美学 ほか)
  • 第2部 戦国大名の人材活用術(かつての敵将をどう遇すべきか;諌言が生かされる組織づくり;武辺咄に学ぶ若手の育て方 ほか)
  • 第3部 戦国日本の文化と教養(ものまね文化で発展した戦国日本;おみくじを合戦に活用した島津義久;戦国時代の教養と遊び方 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ